Minit-House
あなたが選ぶ暮らしの比較

あなたが選ぶ暮らしの比較

賃貸不動産経営管理士監修の住まい比較

Minit-house(14帖) 賃貸アパート(12帖1R) 新築分譲マンション(8帖1R)築30年中古一戸建
イニシャルコスト 高い安い高い普通
ランニングコスト安い高い高い高い

コストは、毎月の支払だけでなく維持費を含めてシミュレーション。賃貸アパートは契約料金は安く固定資産税もかからないものの、家賃自体にオーナーが得られる不動産利益分が含まれているため、家賃払いでいうと割高。さらに割高な家財保険、更新料、駐車料金なども加わるため、長期の住まいとしてはコスト高になってしまう。
分譲マンションは、毎月の修繕積立金・管理費・駐車料が割高になる可能性もあり、立地によっては35年間の支払いでタイニーハウス1軒分以上の支払いになる可能性あり。また、鉄筋コンクリートマンションの固定資産税も木造に比べると割高。取壊しにて更地になった場合の一戸辺りの土地所有割合も少ない。
中古一戸建は建築時の状況がわからないケースが多く、建物の一部を解体してみて初めて大規模なリフォームが必要に・・・といった事例もあり、結果新築より割高になる危険性もある。住宅ローンの金利も新築に比べると高く、そして短い返済期間に設定されるケースもある。建替えの場合にも解体費用や完成までの仮住まいの費用など相対的にコストUPは避けられない。

Minit-house(14帖) 賃貸アパート(12帖1R) 新築分譲マンション(8帖1R)築30年中古一戸建(4LDK)
自由度高い低い普通高い

賃貸アパートは借り物のため、自由なレイアウトや形状変更、ペットの飼育などが難しい。
分譲マンションは、ベランダや廊下等の共用部分には使用の制限もあり、専有部分以外の自由度が限定される。(ベランダは専有部分と勘違いされがち。実際は共用部分となり、防火法等の避難経路確保の観点から、物を置く事は基本NG。中古一戸建は土地を自由にレイアウトできるが、前所有者のインテリア、エクステリアを変更する為の大きなコストが発生する可能性もある。)植物や、野菜を育てたい場合も、鉢植えとなり種類も制限を受ける。

Minit-house(14帖) 賃貸アパート(12帖1R) 新築分譲マンション(8帖1R)築30年中古一戸建(4LDK)
快適性高い低い高い普通

賃貸アパートの場合、建築年数によっては快適性能の劣る設備であったり、近隣との騒音等のお困りごとが発生するリスクが高い。また、抵当権設定のなされた物件の場合、オーナー変更等により退去を命じられる可能性もある。借主が高齢者であれば入居審査で落とされることもしばしば。
中古一戸建の場合、建売と同様既存建物のため、土地(場所)を選ぶことができず、地域や住環境によっては大きなリスクを含んでいる。
分譲マンションは、賃貸アパートより快適性は高いものの、やはり集合住宅という事もあり他の住人に気を配りながらの生活となる。また、高層階となると自室から駐車場までの距離が長くなる傾向もあり、通学や通勤に毎日数分のロスを生むことになる。